弁護士は心強い味方

法律という分野に関しては、私達は知っていることが沢山あると思っていても、その根底にあることは知らないことが沢山あります。その法律がどういった点と関連づけられるのか、また、実際の案件においてどのように、どれが当てはまるのか、という点に関して、かなりの知識がないと、それには対応できないでしょう。

しかし、弁護士であればそれが可能です。弁護士は単に法律を『知っている』だけではなく、法律を『どう活用するか』を理解しているのです。ですから実際の案件において、法律を柔軟に当てはめることができるのです。私達は、そういった市民の力強い味方であり、法律に最も近い役割であるといえる、弁護士という存在を、このような『相続』の問題においても、頼ることができます。

もちろん、トラブルそのものが全くないということが理想かもしれません。しかし実際のところ、それは難しい場合があるので、いざという時に頼ることができる、そしてその相手が本当に信頼できる、問題解決に向けて真剣に取り組んでくれる、弁護士という立場の人を利用することができます。その分費用が掛かるかもしれませんが、それが早ければやい程、解決することが簡単になる問題の一つかもしれないからです。